気軽に挑める「東京&きたいわて ぐるっとスタンプラリー」

スタンプ台帳


スポンサーリンク


東京メトロの中吊りに気になる広告が。

それは「東京&きたいわて ぐるっとスタンプラリー」

東京ステージ3カ所ときたいわてステージ4カ所中2カ所で景品がもらえるという、ぱっと見お手軽な企画。

城めぐりと組み合わせて押してこれるのではないかと思いついて、リーフレット兼スタンプ台帳を入手してきました。

 

台帳はスタンプ設置駅に

東京メトロと三陸鉄道、いわて銀河鉄道、JRバス東北、岩手県北バスが共催して企画されたこのスタンプラリー。

期間は2018年6月2日(土)から9月30日(日)まで

 このスタンプラリーは、岩手県東京事務所と岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」の協力のもと、岩手県北エリアの鉄道・バスと東京メトロの沿線スポットを巡って岩手県の魅力を知っていただくとともに、東北のさらなる復興を応援することを目的として実施するもので、東京ステージときたいわてステージの2ステージ構成となっています。

東京メトロ公式サイトより

ということで、さっそくスタンプ台帳をゲット!

東京ステージのスタンプ設置駅は新宿三丁目溜池山王神谷町

僕は神谷町駅の改札を入ったところにあるラックで手に入れました。

スタンプの枠は7つしかない。東京は3つ全て、きたいわては2つ押せばOKだ

スタンプの枠は7つしかない。東京は3つ全て、きたいわては2つ押せばOKだ

東京ステージでこの3駅がなぜ選ばれたのか、選定基準がよくわからなかったのですが、リーフレットを見て納得。

 東京ステージでは東京のパワースポットを紹介している駅にスタンプ台を設置し、きたいわてステージでは「きたいわてぐるっとパス」を使って岩手県北エリアのパワースポットのある駅を巡ってスタンプを集めていただきます。各ステージを達成すると、達成賞をプレゼントするとともに、さらに車両運転体験イベントなどの賞品が当たるWチャンス賞にご応募いただけます。

東京メトロ公式サイトより

というわけで、都内(東京メトロ沿線)ときたいわて(「ぐるっとパス」有効区間内)の「パワースポット」ということでした。

 

手ぬぐいと缶バッジがもらえる

さて、気になる達成景品ですが…。

(ショボくてもいいから達成した証が欲しい派です)

先ほどの写真の下の方に書いてありました。

東京ゾーン「東京メトロオリジナル手ぬぐい」です!

たったの3駅で手ぬぐいをくれます!

(スタンプラリー業界的に)コスパは十分! さすが東京メトロ!

 

さらに岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」での買い物5%OFF!

(こちらは8月19日までのサービス。「いわて銀河プラザ」は東銀座駅6番出口を出てすぐのところにあります)

なぜ8月19日までなの?
「いわて銀河プラザ」は2018年10月20日に開店20周年を迎えます。それにあたって8月20日からリニューアルのために一時閉店するんだそうです。 

 

東京ステージだけでもお手軽に挑戦する価値のあるスタンプラリーだと断言できますね、これは。

8月19日まではいわて銀河プラザで、それ以降は東京メトロ新橋駅で景品引き換えができる

8月19日まではいわて銀河プラザで、それ以降は東京メトロ新橋駅で景品引き換えができる

抽選で当たるWチャンス賞にも応募できます。

(確実にもらえるもの以外はあまり興味がない…w)

 

一方のきたいわてゾーン。こちらは少々ハードルが上がります。

というのも、参加の大前提として「きたいわてぐるっとパス」を買わなくてはならないからです。

盛岡~(IGRいわて銀河鉄道)~二戸~(JRバス東北)~久慈~(三陸鉄道)~宮古~(岩手県北バス)~盛岡のルートでこのエリアを周回できる乗車券です(逆まわりもできますが発売時にご希望で回る方向を指定できます。有効期間内であれば何周でもできます)
※盛岡発の場合の例です。宮古発・久慈発・二戸発でも発売します。

三陸鉄道公式サイトより

有効期間は3日間、お値段は大人4980円・子供2490円。

(ちなみに、通常運賃で一周するより大人2610円・子供1320円お得だそうです)

これが実質的な参加費になります。

きたいわてゾーンから始める方は、この切符を購入する際にリーフレット兼スタンプ台帳がもらえるとのこと。

(この切符を買ってもらうことこそがこの企画の目的と思われるので、逆らわずに乗るのが吉でしょう)

きたいわてぐるっとパスは盛岡駅・二戸駅・久慈駅・宮古駅で購入可能だ

きたいわてぐるっとパスは盛岡駅・二戸駅・久慈駅・宮古駅で購入可能だ

こちらのきたいわてステージは、盛岡・二戸・久慈・宮古の4駅中2駅まわれば達成基準クリア。

(切符だけ買って新幹線で盛岡と二戸に行って押してもクリアになります。おすすめはしませんが…w)

 

もらえるのは、きたいわてオリジナル缶バッジと達成記念証明書!

これこれ! 証明書! これ系大好き!!w

僕はせっかくなので4駅フルコンプ狙います!(スタンプラリーerの悪いクセ)

 

盛岡城・九戸城のついでに

さて、なんでこのスタンプラリーに目をつけたかというと、夏は東北の城に行こうと思っていたからです。

山形城と小岩井農場に行った帰りに盛岡を通ったとき、城にも寄ろうかと考えたのですが、諸般の事情でやめときました。

(ちょっと強行軍だったこととか、カメラの容量・電池不安とか)

小岩井農場

小岩井農場、行ったら行ったで一日中遊べるレジャーランド

2018年6月19日

 

このスタンプラリーという副次的な目標を片手に、近くの城に行けば一石二鳥!

岩手県の(続)日本100名城、実は盛岡城(6番)と九戸城(104番)の2つしかありません。

九戸城は二戸駅から行けるので、両スタンプラリーは容易に両立できます。

というわけで、僕の場合は城のついでに押してくるというスタンスです。

(その結果ぐるっとパスを買って三陸にも行くつもりになったので、スタンプラリー企画は成功といえそうですw)

 

とはいえ、スタンプラリーにそこまでコストをかけたくない人が大半のはずです。

そんな皆さんでも東京ステージは圧倒的に簡単・手軽に楽しめると思うので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

手ぬぐいもらえるし!

近場だけど普段いかないようなところに行ってみて、手ぬぐいももらえたらハッピーじゃないですか! ねぇ!

(東京ステージは名実ともに参加費無料だし)

 

きょうはここまで!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です