宮古―室蘭フェリー航路開設:10時間で着くなら高コスパ?

フェリーターミナル


スポンサーリンク


岩手・宮古と北海道・室蘭を結ぶフェリー航路が、おととい2018年6月22日に開設されました。

フェリー航路の開設は岩手県では初めてのことで、物流や観光の面で期待が高まっています。

およそ330kmを10時間で結ぶこの航路には「シルバークィーン」号が割り当てられています。

10時間かかるというと「やっぱり船だからそんなもんか」と思われるかもしれませんが、これは意外と使いでがあるのではないかというお話です。

旅客運賃は2等6000円~

宮古―室蘭航路はシルバーフェリー(川崎近海汽船)の運航。

1日1便、宮古8時発・室蘭18時着室蘭20時発・宮古翌6時着

運賃は2等6000円・2等寝台8000円・1等12000円・特等15000円

ネット予約だと1割引! 車両の運賃は公式HPをご参照ください)

安さにこだわる方には「札幌・宮古なかよしきっぷ」なるものも用意されています。

宮古→室蘭の2等運賃と室蘭→札幌のバスがセットでお一人様6800円…。すごいな。

(僕はビビリなので2等にはあまり乗りたくない…)

船の定員は600人、トラック69台・乗用車20台。

読売新聞さんによれば就航初日・宮古発の便には「乗客328人が乗り、トラックと乗用車各21台が積み込まれた」とのこと。

この件についてはやっぱり岩手日報さんがとっても注目しているご様子。

なお、宮古フェリーターミナルからは(宮古駅経由)盛岡駅行きのバスがあるようです。

(6時40分発、宮古駅に6時55分着、盛岡駅に9時20分着)

乗り心地も悪くないはず

この宮古―室蘭航路開設の件は新聞で見たのですが、シルバークィーンが使われることまでは知りませんでした。

この船の名前を見て、2年前の8月に苫小牧―八戸航路でシルバーフェリーの「シルバープリンセス」に乗ったことを思い出しました。

今回のシルバークィーンも同航路に就航していました。

(名前とは裏腹に(?)シルバークィーンよりシルバープリンセスの方が大きい)

苫小牧を21時15分に出て八戸に翌4時45分に着く便。根室や釧路、知床を回った帰りでした。

僕にとっては初めての長距離フェリーだったので、結構いろいろ心配だったのです。

(ダイヤ乱れとか船酔いとか…)

船に酔うくらいなら酒に酔ってやる! とわりかしたくさんアルコールを摂取。

ケータイやテレビの電波も次第に遠のいていきました…。

長周期の揺れが終始続きましたが、そこは外海。荒れているわけでもなさそうで、簡単に眠りにつきました。

(特等船室という安心要素?もあったことは確かですが)

予想に反して(?)船は定刻より少し早く八戸に着き、まだ乗っていたかったと思うほどでした。

あまりのあっけなさに、着替えや身支度がおっくうだったように記憶しています…。

(単純に4時半起きがツラかっただけかもw)

室蘭→宮古はアリかも

というわけで、夜行便はコスパ的にアリだなぁと思ったのです。

ホテル代+交通費ということで考えれば、移動の選択肢として十分検討に値するはずです。

(数少ない経験でしか語りえませんが…)

たとえば室蘭から宮古に陸路で行くとすると、以下のようなルートになるでしょう。

室蘭駅 0752
↓(室蘭本線)
東室蘭駅 0805

東室蘭駅 0817
↓(スーパー北斗4号)
新函館北斗駅 1022

新函館北斗駅 1049
↓(はやぶさ18号)
八戸駅 1215

八戸駅 1222
↓(八戸線)
久慈駅 1407

久慈駅 1413
↓(三陸鉄道)
宮古駅 1550

約8時間:17480円

現実的には[どこか→室蘭→宮古→どこか]になることがほとんどだと思うので、極端な例ではありますが…。

それでも、夜の10時間を移動にあてられて特等15000円なら、むしろ海路の方がいいような気さえします。

「きたいわてスタンプラリー」の件もあるし、ちょっと考えてみようかなと思っています。

スタンプ台帳

気軽に挑める「東京&きたいわて ぐるっとスタンプラリー」

2018年6月21日

そろそろ夏休みの計画も立てていきたいなー、と思うこの頃。

きょうはここまで。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です